主な青汁の原料とは?成分とメリットについて徹底チェック

主な青汁の原料とは?成分とメリットについて徹底チェック

青汁といってもその中には様々な有効な成分がブレンドされています。
よく耳にする野菜から、めったに使われない野菜まで様々です。
それぞれの成分は、製造方法によって青汁のメリットが変わってくるので、どんな成分が大事なのかを事前に知っておきましょう。

青汁にブレンドされている代表的な野菜とは?

青汁には多くの種類があり、その成分は簡単にわけても10種類以上あります。

 

スーパーや身近で見かける野菜だと、食物繊維が豊富で快便につながるよもぎ。 活性酸素を除去効果がある青じそ。

 

お茶に含まれ、SOD酵素が多い大麦若葉。

 

独特な形でニガウリとも呼ばれ、ビタミンCと胃の働きを促すゴーヤ。

 

こちらもお茶に含まれ血糖値の上昇を抑制する桑の葉。

 

健康食品などでよく見かける野菜では、ビタミンが豊富なケール。 大豆よりも植物性タンパク質が多く、ビタミンも多く含むクロレラ。

 

あまりスーパーではあまり見かけない野菜では、カルコンという独自のポリフェノールを含む明日葉(あしたば)。

 

ミネラル分、鉄、カルシウムが豊富なやクマザサ。

 

畳にも使われますが、飲むことで抗菌抗炎作用のあるいぐさ。

 

特殊成分のイソサミジンに高い血管拡張作用がある長命草(チョウメイソウ)。

 

青汁にはこのような野菜がいくつも含まれています。

 

青汁のメリットとは?

青汁のメリットとは複数の栄養素を同時に摂れることと、準備の手間が省けることです。

 

青汁に含まれる野菜には複数の栄養素と特徴があり、しっかりと効能を理解すれば、自分で青汁を作ることも可能です。

 

しかし、加熱すると失われる栄養があるので調理方法は簡単ではありません。さらに最適な組み合わせでないと効果が今一つ発揮されない場合もあります。
これらの手間を考えると、まずは数百円から試せる青汁の試供品から試してみるのが最も良い方法だと言えます。

 

ゆくゆくは自分でブレンドしたいと思っている方も、まずは既製品を基に勉強してみるのもよさそうです。

このページの先頭へ